マチ工場の女3話のあらすじ、みどころ、ネタバレ

マチ工場の女3話のあらすじ、みどころ、ネタバレ

人生が一変してしまう主婦のストーリー。それも主婦から、町工場の社長。
父親が突然倒れて余命数日という衝撃的なスタートになるようですが、
父との確執を乗り越え、父の工場を娘は救うことができるのかというドラマ。
その第一話の題名が大嫌いなお父さんというところにまた興味がわきます。
父役の舘ひろしさんと娘役の内山理名さんのやりとりも期待しています。
NHKのドラマ10、前回のドラマがとても良かったので今回も楽しみにしています。

 

ドラマの見どころ

 

普通の主婦が町工場の社長になってしまうということで、
その奮闘やまわりの支えなどがみどころになると思います。
いち主婦が工場の社長という、生活がガラッと変わることでの戸惑いや変化もそうですし、
主婦ならではの発送や目線で、新たな発見をしたり
工場の道を切り開いていったら面白いだろうなと思います。
男の子がほしかった父に、男のように育てられた娘ということで
男勝りな内山理名さんが見られそうなのも楽しみです。

 

ドラマの放送地域、放送時間

 

放送局名
2017年11月24日(金曜日)午後22:00~

 

ドラマのあらすじ

 
 

専業主婦の有元光(内山理名)は、夫・大(永井大)と息子の3人暮らし。
ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見にいくと、医師からガンで余命4日と告げられる。
幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと育ててきた泰造に反発、専業主婦となった光。病床の父を前にしても、自分の気持ちを素直に伝えられない。
しかし光は、町工場を守ろうとする父の思いを知り、ついに社長を継ぐと決意。その言葉を聞いて、泰造は息絶える。
社長になると宣言した光に次々試練がやってくる。
頼るつもりでいた夫は単身赴任で渡米。
光をお飾り社長として見る幹部社員の勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)たちは、光がやることに猛反発。
取引先の銀行からは、女性と軽くあしらわれ、別の工場との合併を迫られる。
光にとって、町工場を守ることは、亡くなった父・泰造と交わした約束。
果たして、光は、町工場を立て直すことができるのか?
 

 
NHKホームページより引用
 

タイトル ドラマのキャスト

   
 

内山理名,舘ひろし,竹中直人,柳沢慎吾,永井大,市毛良枝,村上淳,忍成修吾,吉村界人,渡辺佑太朗,鬼頭卓見,山田羽久利,多田木亮佑,小島範子,伊藤友乃

 

タイトル ドラマのスタッフ

 
 

原作:諏訪貴子

脚本:大島里美

音楽:澁江夏奈

主題歌:松田聖子

 

ドラマについてのネタ話題など

内山理名さんは、NHKのドラマの主演は初めてだそうです。
ストーリーに勢いがあると語る内山さん、最後まで全力で走り続ける覚悟ともメッセージにあるので
どんな風に力強く演じてくれるのか楽しみです。

主題歌は松田聖子さんとのことで、
内山理名さんは感動のあまり声をあげてしまったのだとか。
曲は新しい明日という題名だそうです。ドラマの内容と重なる曲らしく、
ドラマをあたたかく包み込んでくれるような曲ということで、そちらも合わせて期待したいです。

タイトル ドラマへの期待・感想など

町工場の人や家族に期待

竹中直人さんが良い顔でわらっていた所も期待が膨らみました。町工場に勤める職人気質な人柄という演技がはまりそうなのも期待しています。
柳沢慎吾さんが好きなので、そこも楽しみです。
一筋縄ではいかなそうな工場のスタッフをまとめることになるのでしょうけれど、
町工場ならではの、家族みたいな付き合いや、あたたかい人情劇にも期待したいです。
社長になることで、家族でも揉め事は出てくると思いますが
親との絆、夫婦や子供への愛情なども深まるのではないかというところも期待しています。

タイトル ドラマのまとめ

父との関係はうまくいっていなかった状態からのスタートになりそうなので、二人の関係性も気にしながら観ていきたいです。
町工場の仕事ということで、町工場の仕事をしたことがない人でも、社会勉強になりそうなドラマだとも思いました。
そして私のように町工場に勤めている人なら、共感できる部分も多そうな気がして楽しみでもあります。
父をずっと見てきた子供が持っている潜在能力も開花していくかもしれないというのも注目したいです。