明日の約束 動画 9話 無料12月12日視聴/見逃し配信/再放送

明日の約束 動画 9話 無料12月12日視聴/見逃し配信/再放送

このままどうなってしまうのだろうというハラハラが常にあって、展開は不安だし怖くもあるのにひきこまれて仕方ありません。

ネットなどの書き込みでは、母親が悪いという言葉もどんどん出てきていますし
世間の注目は相変わらず高いままですが、学校や教師も生徒達も心配ですね。

真紀子の夫も記者が近づいていましたが、妻の実家からの支援や仕事の話もあるのに不倫もしているというわけで、子供が可哀想です。

妹も兄の事をひなたに聞かれた時の言葉もなんとも気になります。

家庭は壊れているというのに納得してしまいます。

9話見どころ

7話では、日向の前にまた記者の小嶋が来るようですが、香澄のこともつかんでいるようなので、これらの事件をどうしたいのかが気になります。かぎわまわっていますが、面白くなるようにと何かきっかけを与えたりしないと良いですが。

真紀子は自分の悪評を知るようで、これもどうなるのか気になります。

尚子は、和彦を気に入らなくなってくるようですから、日向と和彦の関係もどうなっていくのかも怪しくなりました。

 

明日の約束動画tverは、ダウンロード(dl)再生ができずに1話あたりに通信費、パケット代金が1000円近くかかるのでお勧めできません

明日の約束動画9話が無料視聴できるVODサービス

明日の約束の第8話の動画が無料視聴できるサービスは、auビデオパス、FODプレミアムです

 

 

auビデオパスは月額540円最新話無料

FODプレミアムは、月額888円

 

FODプレミアム公式サイト

 

FODプレミアム公式サイトは下記です

↓ ↓

 

 

auビデオパス公式サイト

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

明日の約束の第9話基本情報

放送時間

 

フジテレビ系列
2017年12月12日(火曜日)午後21:00~

 

キャスト

 

藍沢日向(井上真央)

吉岡真紀子(仲間由紀恵)

吉岡圭吾(遠藤健慎)

霧島直樹(及川光博)

本庄和彦(工藤阿須加)

北見雄二郎(白洲迅)

大宮奈緒(新川優愛)

藍沢尚子(手塚理美)

小嶋修平(青柳翔)

白井香澄(佐久間由衣)

 

明日の約束第9話あらすじ

高校1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。自殺の原因とうわさされたバスケ部の関係者が立て続けに襲われ、犯人は圭吾の幼なじみの香澄(佐久間由衣)だと分かる。圭吾を死に追いやった人物への復讐(ふくしゅう)のためだった。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。

香澄は霧島を陥れるべく、ノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知りがくぜん。教師として、生徒を守るべき立場の霧島がとった驚きの行動について、その真意を問いただす。

一方で、恋人の本庄(工藤阿須加)から暴力を振るわれた日向は、そのせいで結婚に対して後ろ向きになる。「あの人のようになることが怖い」――長年、母・尚子(手塚理美)に支配されてきた日向は、まだ結婚して母親になる覚悟ができていないと分かったのだ。尚子もまた、娘に暴力を振るった本庄を決して許そうとはせず、早速、日向に見合い話を持ってくる。しかし日向は、毅然(きぜん)とした態度で「私はお母さんの所有物じゃない」と自分の気持ちを伝え、本庄との今後についても、ある結論を出す。

吉岡家では、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が、母・真紀子(仲間由紀恵)が息子の部屋を盗聴していた証拠をマスコミに流していた。すぐさま、テレビやネットで真紀子の異様な行動が報じられ、一時は真紀子に同情的だったマスコミも、一転して真紀子を糾弾。圭吾を死に追いやったのは、精神的虐待を続けてきた“毒親”にほかならないと、非難する。最愛の息子を失い、自らの愛情を否定され、そのうえ家族にも見放された真紀子は…。

出展関西テレビ

明日の約束の感想ネタバレアンケート結果

真紀子の脅威:30代女性

訴える準備は整ってるから覚悟しておくようにと日向に言う真紀子が憎らしくなりますね。

 

本人の言うように、自分の人生の全てだった息子を失った悲しみは本当に辛いものだと思います。

 

しかし、その原因は自分にあったとは思ってもいないような態度が腹立たしいし、恐ろしいです。

けいごと日向が最後に何を話したのか問い詰めようとしてきましたが、
けいごの告白を思い出した日向が、けいごのプライバシーなので答えられないときっぱり。

死んでるのにプライバシーと詰め寄る真紀子ですが、子供を自分の私有物という感じの真紀子の言葉らしいとも思えました。

しかし、あの告白は何だったのか。こうなった今、謎は深まるばかりです。

手段を選ばなそうなので、まだまだ先が不安です。

ウサギの事も気になりますが、香澄をいじめていた女生徒を突き落としたのも。このまま明るみに出さないのでしょうか。

 

そして特に気になったのは、尚子の手の怪我。和彦に自分のせいだとまでは話していた日向でしたが、
回想シーンで、日向が階段で尚子につかみかかっていったような動き。すさまじい目つきでした。

このエピソード、とても重そうです。最終回あたりに明かされるのかもしれません。

しかし、和彦は日向と尚子の仲を取り持とうとしようと考えているあたり、日向の気持ちも尚子の支配も全く理解できていないような気がします。この二人、こじれていってしまうのかもしれないと予感させられるシーンでもありました。
和彦の死んだ兄のことも気になります。

親からの執拗な期待で、ぐれてしまったような話は
けいごと妹に通じるものがありますね。

明日の約束についてのネタ話題など

緊迫のシーン

6話では、日向と真紀子が二人で話をするという直接対決ともいえるシーンがありました。

仲間さんが、静かな怒りでくるのか、ぶつかってくるのかと井上さんは考えていたそうで
仲間さんは思いきっていったほうが、母親としての凶器も垣間見せられるかと思って、演技も意識したそうです。

加えてそれぞれが、その場の会話だけでなくその根底にある気持ちなどを考えて演技をしているという事が
二人のシーンの迫力に繋がっているのでしょうね。

まとめ

辻先生に、長谷部の襲撃は香澄だったと以外にも早く犯人が分かりました。

とはいえ、彼女は自首する気はないでしょうし、更にもう一人に復讐をする気でいる。これはやはり母親である真紀子に思えますが実際はどうなのか。日向もどんどん悪い方向へ向かう事態にどう対処するのか、止めることはできるのでしょうか。

そして大変な状態なのに結婚もどうなってしまうのか。

霧島先生の過去の話も見え隠れしてきました。

霧島先生もブラックさが出てきて、一体何をしようとしているのかが気になります。