監獄のお姫さま 動画 9話 無料daily見逃し配信auビデオパス感想まとめ

監獄のお姫さま 動画 9話無料daily見逃し配信auビデオパス感想まとめ

 

監獄のお姫さまの第9話を見逃した方は、U-NEXTとビデオマーケットというVODビデオオンデマンドサービス

 

で無料視聴することが可能です

 

監獄のお姫さま動画9話wppandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtubeなどで見ることはできません

 

仮に見れてもそれは、金融データなどを盗み取る可能性があるパソコンの大手マイクロソフトも

警告を出しています

TBSオンデマンドですが、なぜか配信などないはずのtverまでインターネット上に

記事があるから不思議ですが、tverも配信はありません

監獄のお姫さま 9話の基本情報

 

あらすじ

 

出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。

その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。

そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。

だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

時が経ち、2017年のある日。

悠里 (猫背椿) が店長でカヨが勤める美容室に若井がやってくる。

驚きを隠せない中、若井の髪をカットするカヨたっだが、カットを終えると何も言わずに若井は去っていった。

戸惑うカヨと悠里だったが…。

そして… 2017年12月25日。

晴海 (乙葉) も揃ったガレージで、プレ裁判が開廷!

最終章・前編が幕を開ける !!

 

出展TBSテレビ公式サイト

出演者

 

小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介、

夏帆、塚本高史、乙葉、

あびる優、池田成志、高田純次、

尾美としのり、満島真之介、坂井真紀、

森下愛子、菅野美穂

 

監獄のお姫さま動画9話が無料視聴可能なVOD公式サイト紹介

auビデオパス

 

auビデオパスは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

U-NEXT

 

U-NEXTは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

【高画質無料streaminのU-NEXTサイト】

 

監獄のお姫さま みんなの感想まとめ

 

30代女性

馬場かよが出所してからの動向で先に出所した財テク、姉御、女優の3人にメールを送っても返ってこなく、そんな時に馬場かよ達の復讐を止めた先生がみんなに会いに行き招集したのにはおどろきました。

刑務官の時、姫の母親に手紙を書いたにも関わらず母親と吾郎の裏切りで先生の正義感が崩れたのですね。

馬場かよの復讐ノートを全て手直しして先生の計画で犯行を実行した事が分かりました。

 

もしかしたら、馬場かよ達以上に先生も吾郎を絶対許せないと思ったのですね。

 

吾郎の妻も先生が一緒に連れて来たのですが、吾郎に騙されていたようで味方になりつつあるように思えます。

 

しかし、誘拐している馬場かよ達の素性がバレてしまい吾郎が本当の事を白状しても捕まるのが時間の問題になってきているので心配です。

 

全然本編とは関係ないのですが、姫の裁判の時の検察官が先生役の満島ひかりの弟だった事に驚きました。

 

姉弟で共演は初めてではないでしょうか。これも余談ですが、馬場かよがデパ地下にお昼を買いに行ったお店に、刑務所で一緒だったおばけに声をかけ、おばけが保冷剤と言ってローストビーフをおまけで入れた時は笑ってしまいました。

あらゆるところで刑務所時代の仲間に会うシュチュエーションになっているのが面白いです。来週はどうなるのか楽しみです。

 

30代男性

第9話のサブタイトルは「娑婆」。

この娑婆は、限られた空間、例えば軍隊や刑務所、病院などの空間からみた、俗世間を「娑婆」と表現されるのに用いられてますが、
このドラマでの娑婆って何でしょうね?

おばさんたちにしてみれば、まさに釈放されているので、生活している場所自体が娑婆のはず。

一方、吾郎にしてみれば、拘束さている身なので、娑婆が恋しいはず。

服役しているしのぶにとっては、勇介がいる場所が娑婆なはず。

どの登場人物から見ても、娑婆はそれぞれの角度で違いますが、
どんな「娑婆」を繰り広げられるのか、楽しみです。

もう、復讐するおばさんメンツはそろって釈放され、それぞれ娑婆の道を歩んでいますし、
更生を見届ける若井もある意味、娑婆で見張っています。

だけど、どう展開するのかわからないのが第9話。

あれだけ、姫の免罪を晴らす!という目的でストーリー展開されているのに、
しのぶの声で

「殺せ!殺せー!」という一幕。

そして、しのぶが若井に向かって、
「先生、やっぱり、私、犯人です。」とポツリと告白。

 

あれれ?ですね。

今まで吾郎主導の殺人事件と思われていたのに、どこで入れ違ったのか?

しのぶの思いこみではなく、
これも吾郎がはめた罠なのか。

ちょっとだけ見えた、若井こと満島ひかりの実弟、満島真之介も登場。
展開も楽しみだけど、ゲスト出出演のおお!っていう登場も楽しみです。

 

 

 

監獄のお姫さまのNHKオンデマンドはHuluでも見放題可能

Huluでは、大河うを中心に月額933円見放題ということで

 

NHKオンデマンド作品も人気です

 

月額定額制度です(933円)

 

そのため見れば見るほどお得なため愛用者が増えて入るサービスです

 

公式サイトは下記です

 

↓ ↓