監獄のお姫さま 動画 最終回 無料見逃し配信auビデオパス視聴感想

監獄のお姫さま 動画 最終回 無料見逃し配信auビデオパス視聴感想

 

監獄のお姫さまの第最終話を見逃した方は、U-NEXTと「auビデオパス」というVODビデオオンデマンドサービス

 

で無料視聴することが可能です

監獄のお姫さまの動画の最終回を無料tbsオンデマンドやTVerで視聴したのですが

以下のデメリットがあったため、現在は下記サービスを利用しています

 

①ダウンロード(dl)再生できないし、勝手に再生が始まるので

パケットの上限が一気に来てしまった

②質問事項等の返事が来なかったり、すごく対応が遅い

以上の点からU-NEXTとauビデオパスを併用して使っています

 

 

 

監獄のお姫さま動画 最終回基本情報

 

最終回あらすじ

 

爆笑ヨーグルト姫事件を調べるため、急遽沖縄に向かった検事の 長谷川 (塚本高史) と助手の 今池 (上川周作)。

しのぶ (夏帆) と 吾郎 (伊勢谷友介) がパラセーリングを申し込んだボートハウスで、思いもかけない事実を知ることに…。

一方、アジトのガレージでは、実行犯と思われる プリンス (ナリット) が 若井 (満島ひかり) たちの尋問を受けていた。

プリンスは、何度聞いても同じ言葉を繰り返し答えるばかりで進展がなく、カヨ (小泉今日子) たちはお手上げ状態だった。

そんな様子を見た吾郎は、拉致したことは罪に問わない、被害届も出さないから開放するよう取引を持ちかける。

エドミルク社長誘拐事件は吾郎解放による結末を迎え、大々的に報道された。

そして舌の根も乾かぬうちに吾郎は被害届を提出し、バラバラに逃亡していたカヨたちはあっという間に身柄を拘束されてしまう

そして、カヨの逮捕から22日

沖縄から戻った長谷川がカヨの面会にやってきた。

晴海 (乙葉) の説得により、吾郎が被害届を取り下げたことを伝える。

何を言っても喜ばないカヨに、長谷川がある情報を… !!

出展TBSテレビ公式サイト

 

 

監獄のお姫さま画最終回が無料視聴可能なVOD公式サイト紹介

auビデオパス

 

auビデオパスは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

U-NEXT

 

U-NEXTは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

【高画質無料streaminのU-NEXTサイト】

 

監獄のお姫さま 最終回までのみんなの感想まとめ

 

30代女性伊勢谷友介さんの色気がいい味を出しています

伊勢谷友介さんの色気がいい味を出しています。

冒頭に爆笑ヨーグルト姫とイケメン社長の付き合っていた頃のシーンがありました。

そのシーンを見る限り、姫の考えがちょっとずれている感じがしました。

容態は心配ないといっても、自分の父親が入院しているときに旅行行こうとするか普通?と思いました。

イケメン社長のほうが常識ある人のように見えましたが、浮気をしたのは事実なんですよね。

浮気の心理が馬場カヨの元旦那の役をさせられるシーンに現れていました。

何でも出来る嫁に対して劣等感を持ったから浮気して見返す、というところでしょうか。

分からないでもないですよ。

俺についてこい、ではないですが、リードしたいのが男性ですもの。

しかし「これだから女は」とか言っちゃう男は、どんなに頑張ってる女性を見てもひがむし、かといってミスをするとここぞとばかりに叩く。

全く腐ってます。

(失礼)確かに、そういう男を選んでしまった馬場カヨにも非がないとは言えないですが、イケメン社長の正論っぷりがまた腹立たしいです。

今回は馬場カヨの収監されてからの流れ、財テクとの出会いと打ち解けるまでがメインに描かれていましたが、ご飯のたびに流れる歌のインパクトが凄くて、感動シーンもあったのに全部持っていかれました。それもまた良かったです。

20代男性の最終回の予想

結局は真相がつかめないまま吾郎は解放されて、おばさんたちは逮捕される始末。

更生しても、また罪を犯すリスクを重々理解したうえで起こした今回の拘束・誘拐事件。

でも、釈然としないのが、吾郎の罪が分からずじまいになりそうなこと。

前回では、ユキに扮した財テクが吾郎を局面まで追い詰めますが、それ以上は踏み込めず。

でも、きっとユキが殺される前に何か、吾郎にとってのトラウマというか、プライドがずたずたにされる事態を握っているのが、ユキだったのかもしれません。

また、沖縄に乗り込んだ検事・ノブリンは何か手がかりをつかみますが、これもまた何でしょうか。

しのぶを窮地に追い込む証拠なのか、それとも吾郎を追い込む証拠なのか。

また開放されてすぐに吾郎は被害届をだすものの、春海の意見で被害届は取り下げに。

これも何?といいたいところですが、おそらく春海は全てを知ってしまったのでしょうか。

事件の証拠は挙がらないけれど、吾郎が事件の首謀者であること、そしてママになると決意した勇介はしのぶの子供であっても、吾郎との子供ではない可能性という事実までも。

どこまでも考えて、予想してもないが隠されているかわからない事件の真相ですが、どうか、しのぶの免罪だけは救われてほしいと願ってます。