監獄のお姫さま 動画 最終回9tsu無料視聴12月13日ドラマ部屋

監獄のお姫さま 動画 最終回9tsu無料視聴12月13日ドラマ部屋

監獄のお姫さまですが最終回を9tsuやpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunなどで探すより公式サイトに登録した方が早い時あります

監獄のお姫さまの第最終話を見逃した方は、U-NEXTと「auビデオパス」というVODビデオオンデマンドサービスで無料視聴することが可能です

監獄のお姫さまの動画の最終回を無料tbsオンデマンドやTVerで視聴したのですが

以下のデメリットがあったため、現在は下記サービスを利用しています

 

①ダウンロード(dl)再生できないし、勝手に再生が始まるので

パケットの上限が一気に来てしまった

②質問事項等の返事が来なかったり、すごく対応が遅い

以上の点からU-NEXTとauビデオパスを併用して使っています

 

 

 

監獄のお姫さま最終回の動画 基本情報

 

最終回あらすじ

 

爆笑ヨーグルト姫事件を調べるため、急遽沖縄に向かった検事の 長谷川 (塚本高史) と助手の 今池 (上川周作)。

しのぶ (夏帆) と 吾郎 (伊勢谷友介) がパラセーリングを申し込んだボートハウスで、思いもかけない事実を知ることに…。

一方、アジトのガレージでは、実行犯と思われる プリンス (ナリット) が 若井 (満島ひかり) たちの尋問を受けていた。

プリンスは、何度聞いても同じ言葉を繰り返し答えるばかりで進展がなく、カヨ (小泉今日子) たちはお手上げ状態だった。

そんな様子を見た吾郎は、拉致したことは罪に問わない、被害届も出さないから開放するよう取引を持ちかける。

エドミルク社長誘拐事件は吾郎解放による結末を迎え、大々的に報道された。

そして舌の根も乾かぬうちに吾郎は被害届を提出し、バラバラに逃亡していたカヨたちはあっという間に身柄を拘束されてしまう

そして、カヨの逮捕から22日

沖縄から戻った長谷川がカヨの面会にやってきた。

晴海 (乙葉) の説得により、吾郎が被害届を取り下げたことを伝える。

何を言っても喜ばないカヨに、長谷川がある情報を… !!

出展TBSテレビ公式サイト

 

 

監獄のお姫さま画最終回が無料視聴可能なVOD公式サイト紹介

auビデオパス

 

auビデオパスは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

U-NEXT

 

U-NEXTは一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、無料視聴が可能

 

下記が公式サイトです

↓ ↓

 

【高画質無料streaminのU-NEXTサイト】

 

監獄のお姫さま 最終回までのみんなの感想まとめ

 

30代女性ゲストのあびる優さんがすきでした!

 

少し前の回数になりますが・・

あびる優さんと言えば、度々メディアで話題に上る事もありますが、ママになった今でもとても綺麗ですし、抜群のプロポーションを保たれています。

容姿の魅力から言えば、キリッとした目元が個性的ですし、サラサラでツヤツヤの髪もとても魅力的な女性だと思います。

また、実は身長が156cmと小柄な体型なのに、手足がすらっとしていて、メリハリのあるスタイルなので、身長の低さを感じさせないところも凄いなあと思います。

ちなみに、あびる優さんの、お母様も大変美しい方の様で、美人親子で羨ましい限りです。

また、バラエティ番組に出演される機会も多いですが、自分の意見をしっかりと、ハッキリと発言できる方なので、観ていて気持ちが良いなあと思います。

最近では、インスタにプライベートな写真を載せたりと、私生活をもさらけ出すところに好感が持てます。

旦那さんの件で一悶着あるようですが、気丈さと持ち前の明るいキャラクターで、視聴者に暗いイメージを持たせずにいるあびる優さんは、本当に強い女性だと思います。

何より、母でありながらあの美貌を保つのは大変だと思いますが、若々しくもあり大人の色気も兼ねそろえた、まさにママさんたちの憧れではないかと思います。

20代男性感想アンケート

 

現代パートではふたばが内通者なのではと疑いを持っていた元女囚たちがアジトに戻ってみると、板橋吾郎にハニートラップを仕掛ける財テクの姿。

ただ財テクが音楽をかけながら踊りだしてからはハニートラップなのかなんなのかわからなくなり、とどめのにゃんこスターには笑わせてもらいました。

ノリノリでやってくれる「財テク」こと菅野美穂さんは見ていて楽しくてしょうがありません。

過去パートでは長い間刑務所生活を送ってきた女囚たちにも仮釈放のときが訪れます。

馬場かよも例外ではなく、普段の態度から仮釈放が行われることになりますが、復讐ノートを目撃した刑務官・若井ふたばは、馬場かよに再犯の可能性があるとして仮釈放に難色を示します。

仮出所前の共同生活を送ることで心を開いていく馬場かよと若井ふたば。

二人が食卓を共にし、受刑者と刑務官でありながら打ち解けあっていくシーンはそれだけでも良いドラマだなと感じてしまいました。

再犯をしてほしくないふたばと、姫のために復讐を決意する馬場かよ。

復讐ノートを見たふたばにも馬場かよら女囚たちの心情が理解できてしまうからこそ、揺れ動く葛藤のようなものが見えてその気持ちが現代パートへとでのようにつながっていくのかだろうか。