さきぼく ドラマ 動画最終回10話無料hulu視聴/12月16日見逃した

さきぼく ドラマ動画最終回10話無料hulu視聴/12月16日見逃した

 
次から次に新たな問題ばかり。私立高校特有の滑り止め受験の抱える状況は、実態とはかけ離れた数字ではないのだから厳しい。受験生を増やしたいのは分かるが、イブニング面談なんて先生の負担は増すばかり。

生徒が京明館もブラックになったの?という言葉は、本当にそうだと思った。

先生という職業はハードである。これが荒れてる高校なら、教えるという枠を超える。鳴海がどんどん校長の仕事にのめり込んでいく姿は、一社員としての校長ではなくなって来ている。頭の痛い難題抱えながら、その面白みや深さにはまり、アイディア出し合いながら解決していく姿が頼もしい。

それにしても、真柴先生のレストランでの空想シーンは笑えます。

突然、客が踊りだして、校長もプロポーズするのは、アメリカのドラマのワンシーンを真似たのだろうが、そのシーンへの移り方が違和感がすごくありました。たとえば、真柴がグラスを落とす。

そのグラスを受け止める鳴海から空想シーンへとかすると良かったかな。

 

先に生まれただけの僕 動画が無料で見られるVOD

 

Hulu

 

Huluには2週間お試しキャンペーンがあります。

 

Huluは、下記です。

 

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

 

先に生まれただけの僕 最終回あらすじ

 

聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)からは京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られた鳴海(櫻井翔)。

一方、ちひろ(蒼井優)ら教師たちは来年度の新入生を増やすための活動を地道に続けるも、その努力もむなしく入学希望者は思うように集まらない。

鳴海は、来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。

ちひろは、鳴海が京明館を辞めてしまうのではないかと動揺する。

しかし、柏木(風間杜夫)は鳴海の事を考え、樫松物産に戻って聡子と結婚した方がいいと勧める。

京明館への愛情を心に残しつつ、鳴海は樫松物産に戻ることを決意するが…。

出典 日本テレビ公式サイト

 

先に生まれただけの僕 出演者

 

櫻井翔、多部未華子、蒼井優、高嶋政伸、瀬戸康史、木南晴夏、井川遥、池田鉄洋、秋山菜津子、荒川良々、風間杜夫

 

先に生まれただけの僕 みんなの感想

 

20代女性

 

櫻井翔さんの演技は上手くないとの評判を見かけたことがありますが、この役柄は櫻井さんに合っていると思います。

憑依俳優さんではないので、いろんな役柄を自由自在に演じられるわけではありませんが、今回のビジネスマンでありかつ学校教育にのめり込んでいく鳴海校長の様子を上手に演じられていると思います。

12月9日放送の蒼井優さん演じるちひろ先生の妄想の中で櫻井さん演じる鳴海校長がダンスをして聡子(多部未華子さん)にプロポーズをしているシーンがありました。

そこでのダンスはなかなかある意味ダサク演じていて面白かったです。

思わず翔くん嵐でダンス踊っているのに、下手~と思ってみていましたが、あくまで校長先生が踊っているのですから、上手なほうがおかしいわけで、格好よく踊っていない演技は櫻井さんの演技力だと思います。

セリフについては、ちひろ先生に鳴海校長が「また今度おいしい定食を食べに行きましょう」って他意もなく誘うわけですが、ちひろ先生は「松原さん(多部未華子さん)がいますし」というと「ああ、彼女は大丈夫です」と言ってしまうのです。前回も同じようなセリフを言っている鳴海校長ですが、「女心がわかってないなあ、鳴海は!」と突っ込みを入れてしまいます。

仕事熱心ではありますが、女心が分かっていない朴念仁って感じがよく出ている演技だなと思ってみています。

とうとう聡子から婚約解消を言い渡される鳴海は本当に意外そうで、愕然としている様子でした。

果たして最後に聡子との関係も元に戻るのかそして校長として生きていくのか商社に戻るのか最終回、櫻井さんの演技に期待しています。

 

30代女性

 

鳴海校長どうするのかなって思っていましたが、予想通りの展開でした。

でも期待を裏切らない結末で良かったドラマだと思います。

せっかくの学園ドラマでがっかりさせられたのではこちらも最後気分が良くないですから。

途中、鳴海校長がもし会社に戻ってきたら、聡子にちょっかいを出していた後藤田が加賀屋専務から校長になれと言われて愕然としている様子や、最後に加賀屋専務が鳴海との関係が専務と部下の関係から加賀屋専務にとっては屈辱の娘の保護者と校長の関係になって番組が終わった様子は面白かったです。

柏木事務長が鳴海と聡子の関係を心配していて、べらべらしゃべってしまっていて口が軽いですが、いいおじさんっていう感じも良かったです。

ちひろ先生は失恋してしまってかわいそうでしたが。

でも、学校も順調にいっていて聡子とも結婚できて、会社は辞めたけれど鳴海はそうだよこの選択しかないよねって思わせる納得の最終回でした。